穎明学院進学スクール
保護者の声
私もあと○○歳若かったら,穎明の授業を受けてみたかった母
  第20期生保護者様
 先日は,素敵な卒業式をありがとうございました。中1も終わりに近づいた2月,忘れもしない雪の降る日に塾の説明会を聞いたのがエイメイ学院との始まりでした。先生の熱心な説明もさることながら,受験の体験を話してくれた男子生徒の涙ながらの話が印象的でした。あれから2年の月日が経ちました。週の半分近くの夜を塾で過ごし,他校の友達とも仲良くなり,塾のあとにはおしゃべりに花が咲き,帰りの遅い子どもにハラハラしながらも,エイメイ学院は子どもにとってかけがえのない場所であったようです。先生方の熱心な授業,はっきり言って我が子はクラスの落ちこぼれであったにも拘らず,先生は色々なことを教訓として教えて下さったように思います。塾を選ぶ際に,溢れる程あるチラシの中から目にとまったあのキャッチコピー。私は広告にあるエイメイ学院が好きでした。大人なら,少しくさいなと思う人間性をうたった宣伝文句でしたが,やはり,それが何より大切なのではないかと思います。子どもが将来「何になりたい,何をしたい」と問いかけた時に「俺,エイメイ学院の先生になりたい」と言ったエピソードがあります。ならば,自分がどれほど勉強をしなくてはいけないのか,そして,何よりも生徒のためにどれだけ頑張れるのか…
。でも,子どもに一瞬でもそう思わせてくれた先生方はやはり素敵です。塾に入った時に担当教科1人1人の先生が我が子について書いてくれた文章。とてもうれしかったのを覚えています。
中3激励会では先生達が自分の体験談を聞かせてくれて…。いつも優しい笑顔でいる宮永先生の理由が,表現力豊かな米本先生が色々な言葉で生徒を引っぱってくれたこと,そして熱すぎる位のエロキこと川上先生の情熱が,そして真剣に怒ってくれた橋本先生がいての今日でした。受験生で本来なら一番勉強しなくてはならないのに,それから逃げてしまい,勉強以上に他のことでご迷惑やご心配をかけてしまいまして本当に申し訳ありませんでした。エイメイ学院は卒業しますが,15歳の子どもの心には,きっと大きな財産となって心に残っていくことと思います。今までご指導ありがとうございました。本人になり代わりまして,お礼の言葉とさせていただきます。
追伸:私の心残りは,立石先生のピアノが聞けなかったことです。是非チャンスがありましたら…
私もあと○○歳若かったら,エイメイ学院の授業を受けてみたかった母でした。
泣いて笑って怒って悩んだ,あの子の受験
  第19期生保護者様
 
あの子はいつも塾のことをいろいろ私に話してくれました。
とても楽しかったんだと思います。
先生方のお話がおもしろくて,楽しくて,新鮮だったのかな。
本郷中1人でかわいそうかなと思っていましたが,子どもって意外と大丈夫だということがわかりました。
無事に第一志望合格もできて,3年生最後のテストでは,これまでの最高順位で終えました。
自分の子どもじゃないみたい,すごい!! 本当にありがとうございました。
平々凡々のおとなしいあの子でしたので,忘れないでくださいネ。

母からみた受験体験記

とうとう受験の年を迎え,目標はテストで400点を超える事でしたが,点数に波があり,テスト結果が出る度,笑ったり,泣いたり,テスト前には川上先生に,点数UPするようご指導のお願いメールを何度送ったことでしょう。
試験前に子どものプリントをみると《○○ちゃん特別対策プリント》と書いてあり,たくさん生徒がいるのに専用の問題を作ってくれてとてもありがたいなと思っていました。
夏休みに入り,友達と高校見学に行き,少しずつ志望校を絞っていきました。
私の母と姉が看護師で働いているので,あの子に看護師はどうかと聞いてみると,快い答えが返ってきたので,志望校は常盤高校(看護科)に決めました。
志望校に向かって勉強あるのみ!ですが,思うように点数は伸びず,学校で大人しい子が塾で分からない所を質問できるのか?私自身が心配になってきて,少人数の塾の方があの子には合っているのではないか。と考えるようになりました。
どうしようか。主人と話し合い,三者面談で川上先生に私たちの気持ちをぶつけてみようと思い,勢いよく行ったのですが,先生と話をしていくうちに私たちの悩みは解消されました。
これから社会に出ていき,いろんな人と関わり合い,生きていかなければならない事,エイメイ学院では勉強プラス人間関係など,親も子どもの接し方など教わることがたくさんありました。
10月には,入試について細かい説明があり,中学校では教えてくれない事を,地方出身の私が埼玉受験を1から十まで把握できました。
まず,私立の個別相談に行き,約束をもらい,安心して県立に向けて頑張ろうと思った矢先に,中学校の担任から1,2年の成績が足りないので厳しいと電話がありました。
何で今頃言うのか。落ち込みましたし,この受験は無謀なのか。合格させたい気持ちがあり,ランクを下げた方がいいのか。また悩み川上先生に相談しました。
川上先生が相談の後,わざわざ私立に足を運んでくれて,学力特待生にと推してくださったことで,特待の約束をいただくことができました。
私立の高校の先生からも優しい言葉をかけられうれしかったし,胸のつかえが取れた感じがしました。
もう迷うことない。前期試験は狭き門。一か八かと頑張りましたが,結果は残念。
さぁ,これからが本番。後期試験まで刻々と近づき,倍率をみる度,本人以上にドキドキでした。
五分五分の確率に挑戦です。
合格発表まではとても長く感じられ,発表前日は眠れなかったです。
当日は少し遅れてみに行くことにしました。合格した子の歓声を耳にしたくなかったので・・・
雨降る寒い日,二人でカサをさしながら,合格発表掲示板の前に立ち,番号を探した・・・
泣きじゃくる母 「あった!」と呆然とするあの子。
二人,顔を見合わせて「良かった あったね!」

泣いて 笑って 怒って 悩んで こうして長かった受験は終わりました。

いつも私が悩む度,的確なアドバイスを頂き,毎回救われていました。 ありがとうございます。
エイメイ学院では 一人ひとりの個性を大事にしてくれた事。卒業式で卒業証書を渡すときのメッセージ,とても感動しました。

あの子は看護師という夢に向かってはばたきます。

先生方,本当に感謝しております。
ありがとうございました。
たくさんの塾がある中,エイメイ学院に出会えて本当に良かったです。
中3三者面談感想
  第19期生保護者様
 三者面談で塾での様子や先生やお友達との関わり方とかも何となくわかりましたし,本人も少しずつですが受験生としての自覚とかやる気とか出てきたような感じがします。一段上に目標を置いて目指して欲しいと思います。
エイメイ学院の先生方の言葉は神の言葉の様に子どもの心に響いているような気がします。いい方向に流されてくれたら嬉しいです。単純で素直な性格の様なので・・・家では王子様気分に浸られせてしまってますので世間の厳しさは塾の先生方の教えに頼ってます。宜しくお願いします。本当にエイメイ学院様々です。他の塾を知りませんが子どもの性格や環境を理解してくださり子どもがこれほど楽しく塾に通える事が何もできない親にとっては嬉しい限りです。卒業まで残り少ないですが宜しくお願いいたします。
半年しか通わなかった姉さえエイメイ学院に行って先生やお友達と一緒に居るときが一番勉強頑張れたって言ってます。これからも今まで通りエイメイ学院らしく突っ走って下さい。応援しています。
芸術鑑賞教室に参加して
  第20期生保護者様
 初めての参加で,何がどうあるのか,わけが分からないまま,でも,普段仕事でなかなか息子の学校行事等にも参加できないことへの償いの気持ちもあり,参加できるときには行ってみようかと出かけることにしました。
前日に,子ども達は制服でネクタイをしていくこと,お母さんも音楽を聴くのに相応しい服装で来て欲しいと息子に言われ,ちょっと億劫に思いながら参加したのです。
パレスに初めて足を踏み入れる緊張感と,父兄がいない!来るべき所じゃなかった?という思いで戸惑いながらの始まりでした。
いつもの調子ではしゃいでいる子ども達に,TPOに合わせた態度等があることをきちんと指導している橋本先生の様子に,まずは感激しました。ここの塾は勉強だけを教えてくれる場所ではないことを実感しました。勉強よりも大切なこと,社会のルールや,経験を通しての学びの重要性をいろんな場面を通して教えていただいています。それを感じ取れただけでも参加してよかったと思いました。
手の届きそうなところで立石先生の演奏が始まり,細かなピアノタッチから息遣いまで感じ取れ,ドキドキする思いでした。
素晴らしい演奏に感動しただけではなく,立石先生の,みんなに聴いて欲しいという思い,周りの先生方のできるだけ多くの人に聴かせてあげたい,演奏の場を作ってあげたいという思い,それぞれの温かい思いと尊厳の気持ちが,演奏にも,会場の雰囲気にも,服装にも,豪華なピアノにも溢れ出ていたと思います。
素晴らしい演奏と,エイメイ学院の温かさを実感して,気持ちよい帰路につき,さわやかな一日が過ごせました。
エイメイ学院に喜んで,楽しみにして通塾している息子の気持ちが分かる気がします。
今後とも,生徒とともに喜怒哀楽を共感していただけるような温かいご指導をよろしくお願いします。
今回は,素晴らしい演奏会にお招きいただき,本当にありがとうございました。
「受験」というステージの演出家
  加藤 様
 エイメイ学院の先生の皆様、本当にありがとうございました。
1年生の時から自分の子どもがエイメイに通い、
塾から帰ってきて授業でこんなことがあったよ。
そんな話を聞いておりますと、たぶん授業をしながら、子ども達の興味をひく、
うまくバランスをとりながら自然に子ども達を勉強の方に動機付けて、
それが2年、3年と進むにつれて、だんだん知らず知らずのうちに
勉強をする環境を作り上げていく、そして、最後の一年間は
そのエネルギーを受験に向けて爆発させていく。
生意気なことを言うようですが、
エイメイ学院の先生の皆さんは本当にプロフェッショナルだと実感しております。
素晴らしい塾だと思います。
教える立場、教えられる立場というよりは、ただ、勉強するというだけではなく、
最後には子ども達を受験というステージの上で全員が主演を演じられるような、
そういう環境を作る勉強の演出家のようなそんな気がします。
是非これからも地域の中で、地域の中学生の大きな柱となって支えて
いただけるような塾にますますご発展されることを心よりお祈り申し上げます。
塾なんてどこも同じ??
  安田 様
 小学校時代の我が家の教育方針は、
1遊ぶこと、2スポーツをすること、3勉強することでした。
遊びの計画が立てられない奴にイヤな勉強の計画なんて
立てられやしないという考えからです。
ですから時として連休などで間違えて勉強などをしていると、
勉強などしなくていいから遊ばなきゃ駄目だとしかる始末。
そんな小学校生活は、よく遊びスポーツを頑張り勉強も自分なりに頑張り、
それなりに充実した毎日だったと思います。
そしていよいよ受験を三年後に控えた中学校時代がやってきました。
しかし息子の中では、1遊ぶこと、2スポーツをすることですから、
さすがに今までのようにはいかず、成績はだんだん下降気味。
塾というものがなんだかわからないけど、
皆が行くから自分も行くということで○○塾に行くことになりました。
しかしその塾は出来ないと本の背の部分で頭を叩くような塾で、
息子も当然やめたいとのこと。
私も当然やめちゃえということで、塾は1ヶ月でおしまい。
それから低実力のまま約1年が過ぎました。
どこを受験してもいいけれど、良い友達を作れる学校にと思うと、
5段階の真ん中ぐらいは目指さないといけないな、と思い、しかしこのままでは
真ん中の学校は難しく、本人の中に 受験に向けて塾の必要性が出てこなければ
意味がないし、時期的には中間テストまでは我慢しても、
その後では間に合わないという話し合いをしました。
そして中間テストが終わり本人の成績も終わり、絶対ヤバイので
塾に行くということになり、友達が行っているエイメイ学院という所に
早速話を聞きに行きました。
内容は、「この塾は出来ないと頭を叩いたりするのですか? 」でした。
その時いらした先生は質問の内容にビックリした顔をしながら
「そんな事はありません。」と答えてくれました。
我が家の塾選びは楽しく通えればどこに行っても変わらないだろうぐらいの
ものでした。

エイメイ学院に通い始め、塾はどうかと聞くと、楽しいとのこと。
それならいいじゃないかと一安心。
1学期の期末テストは成績が少し上がりました。
2学期に入りいよいよ内申・偏差値と重要なシーズンに入り、
本人もまわりも緊迫した毎日が始まりました。塾はというと、とにかく楽しい。
時には先生の昔話で1時間、授業は無し、1週間の間に何度もそういう時間があり、
生徒達も緊張から開放される時がたびたびあり、中学から帰ってきて、
又、夜塾に勉強しに行くという重たい雰囲気はまったくなく、
今夜も、勉強もするけど先生の面白い授業? 話? も聞きながら友達と
共に学べるという感じでした。
すると、学校の成績はみるみるうちに上がり、
本人もやる気でいっぱいという感じになりました。
教育とはこれだと思いました。殴ってでもやらせるのではなく、
やる気にさせるのです(馬を水のみ場に連れて行くことは出来ても
水を飲ますことは出来ないという事)。
先生達は意識してかどうかは定かではありませんが
ノリだすと時間に関係なく話し出し授業はしょっちゅうトークショーで終わるとの事で、
最高に楽しいとよく話していました。
たまたま入った塾がそんな塾だったのはラッキーでした。
塾を選ぶことは、これからイロイロな勉強をしていくのに
大変重要なことだと思いました。
勉強自体が好きでなくても、勉強の方法を考えるのが好きになれれば、
高校、大学、社会人といつでも役に立つと思います。

2年生の11月23日に塾の授業参観があり、参加してみました。
これがエイメイの先生の授業かと、もの凄いパワーを感じました。
今日1日を大切に生きることの素晴らしさ、勉強だけではなく、
部活も友達も遊びも本気になって一生懸命やれとの指導。
また、塾スタート時の苦労話などは、子ども達の心も感動させ、
直後に行われた期末テストへの、もの凄いやる気へとつなげてくれました。
また、運動会等の学校行事があれば、朝から応援にきてくれて、
こんな塾は他には絶対ないと思います。

人間関係は相手を認めるところから始まります。先生と生徒も同じです。
生徒のレベルはそれぞれ違います。
そのレベルを把握して、レベルにあった目標となる高校に向けての
勉強のやり方を教えていく。
3年の2学期の期末テスト前、塾長との三者面談の時にも感じましたが、
生徒の気持ちを聞き出すまで忍耐強く待つ対応。
また話のレベルは、近い歳の者どうしの会話のように話を聞き出していくのです。
息子はこの時点では第1志望には内申で3つ足りず、
偏差値で5ぐらい足りませんでした。
第2志望は私立で単願であれば問題ないとの事。
親としては単願で私立でいいのでは、と思いましたが、本人が
内申も偏差値も上げてみせると言い、実際に上げて見せ、
エイメイパワーの凄さをまざまざとみせつけられました。
1年の1学期では考えられない成長だったと思います。
エイメイ学院の先生達に会えたことは本当に素晴らしいことだったと思います。
ありがとうございました。

塾はどこでも同じではありません。しっかり選ばなくては!!
ご指導いただきました先生、そしてともに学んだクラスメートに感謝
  森 様
  2月9日、「川越女子高校の前期募集発表! さくら咲く!」(家内のメール)
驚きと喜びが、どっと沸いてきました。
この合格は、1年前の娘の「塾に行きたい。」その一言からスタートしました。

それまで他塾に通っていたのですが、娘も物足りなさを感じていたと思います。
現在の勉強より先に進むことの意義はあるのですが、やはり受験競争に勝つには、
現在の中間・期末試験の結果と各学校に対する適確な情報と対策、
その点が重要でしょう。
2月一杯で他塾を退塾して塾選び。
親としてできるのは、お金と子供の足りない知識を補いながらやる気に
結びつけることだけと考えていましたので娘に合う塾(最高の成果を上げられるところ)
探しを2日間でピックアップして説明会や体験をさせました。
ふじみ野3校、鶴瀬2校、みずほ台2校をピックアップ。

選ぶ観点は、第一に私と家内が娘に合うと感じる塾、
第二に実際に娘が行って見て良いと思う塾。
私・家内の基準:塾の方針=私たちは、
@ 今回の受験が、娘にとって初めての精神的にも肉体的にも大きな試練となること。
A ここで厳しい体験とそれを乗り越えるノウハウを身につけられる可能性のあること。
B 塾の先生の考えに賛同できること。
の3点が、方針と一致するかを気にしました。
所詮、短時間ですので全ては分かりません。
それでもその短い時間で私たちの考えと一致するところがあれば、
そこにしようと考えました。
娘は、あまり同じ中学の友人の多い塾は嫌がってました。
やっぱり、勉強に打ち込むことを第一に考えて集中するときに、
仲間が多いとマイナスになることもあると私も感じました(ただ、この点について
塾でできた新しい仲間は、相当娘の支えになったと強く感じます)。
私の主観は、別途表にまとめました。
選んだというほど情報を深く集めてないのと休みで他の受験生のご父兄と
話した感じから判断したこともあります。

 かくしてエイメイ学院に入って娘の受験生活が始まりました。
親としては、ここで70%役割終了。
先生からは、入塾してすぐの中間・期末はあまり成果を期待しないでください、
と言われましたが、中間テストから結果が出始めました。
また、自分から塾に行きたいと言ったせいか、娘は、がぜん従来に比べて
勉強量が増え、午前0時過ぎが当たり前になっていきました。
先生方が、どんな指導をされたのか大変興味深く思っています。
コーチングによって、やる気は変わります。やる気だけでは、続きません。
コーチが指導したとおりにやって結果が伴ってこそさらに信頼が深まり、
またやる気がでる。
やる気→結果アップ→ますますやる気→先生を信頼、と巡っていくようです。
娘は見事にはまりました。
何がそうさせたかはエイメイの先生が一番ご存知かも知れません。聞いてみてください。

この時点では、はっきり志望校は決まっていません。
ただ、北辰テストは毎回受けるようになります。
川越女子は、全く合格圏内には入っていません。
ただ、口には出していませんでしたが、本人は早い時点で漠然と考えていたようです。
夏の学校見学会で感じた、自由な雰囲気を体験してからのようです。

エイメイの先生から、11月中に志望する私立だけでも決めないといけない、
と言われてからやっと進路が固まっていきました。
本人は私学について全く考えてないようで、なかなか絞れません。
11月の個人相談に成績を持っていってやっと固めることができました。
このときにつくづくエイメイにお世話になっていて良かったと感じました。
塾での面談やそれ以前の説明会で受験情報を得られたのと合わせて、
私立の推薦もある程度取れるとのアドバイスを頂いていたからです。
10月の説明会には家内が出席したのですが、
先輩方の体験談や各私学の先生の話もあり、えらく感動していました。
この説明会がさらに本人の意思確認をする大イベントなのだと感じました。
出席できず、残念。この後、県立についての考え方も決まっていきました。

11月20日過ぎ、娘の本音を聞けました。初めて川越女子に行きたいと聞きました。
親としては、確実に県立に行ってもらいたい気持ちもあったのですが、
娘の初めてのチャレンジ魂に賭けて後悔しない選択を優先しました。
なによりも心配したのは、結果不満足で娘ががっかりすることです(県立に落ちることでショックを受けることも含めて)。
3年になってから定期テストの成績も着実に上がっていったおかげで
余裕が出てきました。
北辰も少しずつ成績が上がりましたが、川女については相変わらず厳しい状況。
第一志望:県立川越女子と本人が決定。
11月、学院長との3者面談が終わり、先生から任せてくださいと
言われたときには、なぜか絶対に受かるような気がしてきました。
これが、エイメイマジックなのかもと感じます。親ですらその気になるのですから、
週何日も接している生徒はもっとその気になるのではと確信を持ちました。

11月以降、さらに本人の努力が続きました。毎日2時。
親の方が0時前に寝る状態です。北辰の結果は若干アップ。
本人は家では全く不安の様子も見せず、猛勉強!
普通だったら北辰の結果を見ながら不安になったり、自分の決断に心が
揺らいだりするのに、娘の場合、そんな様子は一切感じられません。
塾の方針で、2月24日が本番。前期募集の結果は気にしない。
私たちもそう考えて日々過ごしてきました。

あっと言う間に1月末私立高校2校の試験、そして合格。
私学2校に合格したのは自信になったようです。
一方の学校の先生からは直接お電話も頂き、思った通りの良い学校であることを
改めて認識させられました。
そして冒頭の合格へ! 信じていたけど信じられない! 嬉しい合格でした。
何よりも、チャレンジ魂を持って今回臨んだ娘の努力が結果に結びついたこと、
そしてやればできる、を実体験できたこと。
また、エイメイ学院で先生を始め、学院の仲間と頑張れたことなど、お支払いした
授業料は、安すぎると思ってしまうくらい成功体験をつめたことに感謝します。
私達親子が体験したことを、またこの時期数多くの人がスタートを切っていくと思うと
感無量です。本当にありがとうございました。

私達の勝因(繰り返しですが……)
1.エイメイ学院と出会えた事
・学校の先生にもよくしていただきましたが、
私達夫婦の間で「エイメイに行っていて良かったね」と何度言ったことか。
埼玉出身でしたが、30年前の情報と現在では全く違っていました。
11月の私立志望校選びで特に安心しました。
情報がなければ、私立の個人相談である程度の合格確率を
知ることもできませんでした。
・娘が、2月に「塾に行きたい」と言っていなかったら、
今回の結果はなかったかも知れません。

2.エイメイの先生のやる気の引き出し方が想像以上にすごかったこと
・エイメイは、塾でありながら個人指導に長けていると感じました。
本当にいつも授業時間外でも生徒がいます。
早めに行って質問したり、授業終わって質問したり。
先生も本当によく付き合ってくれています。
・合格のお礼に伺ったときに、携帯メールで激励を飛ばしたことや、娘の場合は
普通に送ったのでは、返信もなくやる気を出さないことも言われていました。
コーチング能力に感動。よく個人の反応を見ています。

3.学院の仲間と娘が楽しくやれたこと
・詳しくは分かりませんが、夏場のイベントや年末年始特訓など、
また塾のない日にも勉強しに行っていました。
・いい仲間がいるから行きたくなるようです。
同じ中学の友達は1人もいませんでしたが、新しい友人を作れたようです。
週刊モーニング連載のドラゴン桜(東大合格までの物語)にも
仲間の重要性が謳われています。

4.最後まで娘自身がチャレンジ魂を持って、不安にならず努力し続けたこと。
・受験は最高の体験になったはずです。
これからの人生のチャレンジの要領をつかみはじめてると感じます。
・本当に川越女子に行きたいと思う、心の強さに感動しました。

あくまでも一父兄の思いですので内容に偏りもあります。
ただ、一人でも多くの方が良い経験を積んで欲しいと願います。
そのカギは、学院長の成功事例を数多く聞くことです。

エイメイ学院
【みずほ台校】
埼玉県富士見市
西みずほ台3−11−7
TEL:049-255-5444

【鶴瀬校】
埼玉県富士見市
鶴馬3466-1
TEL:049-293-7066

【ふじみ野校】
埼玉県ふじみ野市
新田1-4-16
TEL:049-293-8071

【ソヨカふじみ野校】
埼玉県ふじみ野市
うれし野2-10-87
TEL:049-293-2297


本部MAIL:info@eimei-g.net
フッター フッター
Copyright  Eimei Gakuin
All rights reserved